初回無料相談実施中です!(ZOOM対応可)

REALFORCEは最強のPC用キーボード!でも無線タイプのREALFORCEが欲しい

REALFORCEは最強のPC用キーボード!でもREALFORCEの無線タイプが欲しい

私は、東プレのREALFORCEシリーズの大ファンです。

いろいろな高級キーボードを試しましたが、REALFORCEが一番打ちやすいです。

今回は、私のREALFORCE愛について語っていきます。

最強のキーボードREALFORCE

REALFORCEとは、東プレが出しているパソコン用のキーボードです。

入手しようとすると軽く1万円以上する、いわゆる高級キーボードです。

私は、REALFORCEが現在最強のキーボードだと考えています。

私は、PCの周辺機器にはこだわりがあるタイプの人間です。

特にキーボードは、毎日欠かさず使用しており、強いこだわりがあります。

至高のキーボードを探し出すため、今まで10万円を超える資金をキーボードに投資してきました。

そして辿り着いたのが、REALFORCEです。

 

REALFORCEの特徴としては、静電容量無接点方式を採用していることがあげられます。

キーボードには、メンブレン方式、パンタグラフ方式、メカニカル方式、静電容量無接点方式と大きく4つの方式があります。

細かい説明は割愛しますが、文字を打つ時の打ち心地は、静電容量無接点方式がずば抜けて優れています。

コトコトと心地よい音を奏でてくれます。

YouTubeで動画が沢山上がっているので、ぜひ聞いてみてほしいです。

一度、静電容量無接点方式を使ってしまったら最後。もう二度と他のキーボードでは文字が打てなくなります。

それくらい静電容量無接点方式はすごいです。

あまりにも気持ちよく文字が打てるので、ついついパソコンに向かいたくなってしまうほどです。

 

静電容量無接点方式は、こんなに素晴らしい方式なのですが、実は静電容量無接点方式が採用されているキーボードはそれ程多くありません。

実質、東プレのREALFORCEとPFUのHappy Hacking keyboard(以下、HHKB)しかありません。(それにしても、Happy Hacking Keyboardってすごい名前ですね。怪しげな名前ですが、至って普通のキーボードです。)

静電容量無接点方式は、結構マニアックはキーボードなのです。

 

静電容量無接点方式を選ぶとすると、REALFORCEかHHKBの二択です。

私は、現在REALFORCEを使っていますが、以前はHHKBを使っていたこともあります。

両方使ってみた結果、私はREALFORCEの方が使いやすいと感じました。

REALFORCEとHHKBの違い

REALFORCEとHHKBは、どちらも素晴らしいキーボードです。

甲乙つけがたいというのが、正直なところです。

でもどちらか一つ選べと言われれば、私はREALFORCEを選びます。

REALFORCEの方が、形状がオーソドックスで使いやすいからです。

 

HHKBは、かなり特殊なキーボードで、省スペース化を念頭に作られています。

HHKB

画像を見ていただくと分かると思いますが、必要最小限のキーしかありません。

例えば、ファンクションキーはついていません。ファンクションキーを使うときは、Fnキーと数字キーを使って入力することになります。

入力方法が、かなり独特です。

HHKBは、玄人好みのキーボードです。キーボード配列や入力方法が特殊なので、万人向けではありません。

慣れたらめちゃくちゃ早く打てそうですけどね。

 

REALFORCEは、見た目は普通の一般的なキーボードです。

キーボードに興味がない人は、2万円すると聞いたら驚くことでしょう。

この、見た目は普通だが実はすごいというのが、マニア心をくすぐります。

 

一般的な配列のキーボードだけあって、使い勝手は非常に良いです。

やはり、ファンクションキーは、独立したキーの方が使いやすいです。

ファンクションキーは、そんなに頻繁に使うわけではありませんが、ないと意外に困ります。

 

REALFORCEは、かなり多くの種類が展開されているのが特徴です。

フルキーボードとテンキーレスキーボードから選ぶことができます。

さらに、キー荷重についても複数の種類が用意されています。

静音モデルなんていうのもあります。

REALFORCEは最強のPC用キーボード!でもREALFORCEの無線タイプが欲しい2

ちなみに、私は、テンキーレスのキーボードを使用しています。

私は、テンキーは左手派なので、右側にテンキーが付いていてもほとんど使いません。

そのため、REALFORCEのテンキーを左側に置いて使っています。REALFORCEのテンキーも非常にオススメです。

静電容量無接点方式のテンキーは、東プレのものしかありません。

 

自分好みのキーボードを選べるのは、REALFORCEの良いところです。

あとかなり頑丈です。

私は5年以上REALFORCEを使っていますが、壊れる気配は全くありません。

REALFORCEの無線タイプがほしい

現在キーボード界トップの座に君臨しているREALFORCEですが、一つだけ惜しいことがあります。

REALFORCEには無線タイプ(ワイヤレス)がない点です。

 

PC周りは何かとケーブルが多く、できることならワイヤレスで、机をすっきりさせたいです。

同じ静電容量無接点方式のHHKBには、Bluetooth搭載モデルがあります。

HHKBのBluetooth搭載モデルが発売されたときは、キーボードマニア界に衝撃が走りました。

静電容量無接点方式のBluetooth搭載モデルは、かなり画期的なことだったのです。

 

私もBluetooth搭載モデルには、かなり関心がありました。

何度、REALFORCEからHHKBに乗り換えようと思ったことでしょうか。

 

HHKBはコンパクトな造りで、HHKBにはHHKBの良さがあります。

でもファンクションキーがないのと、BackSpaceキーとDeleteキーの扱いが特殊なことがネックでした。

Bluetoothが搭載されているのは非常にポイントが高いのですが、キー配列が特殊なので、あと一歩踏み出すことができませんでした。

 

やはり理想は、一般的なキー配列でBluetooth搭載です。そして譲れないのが、静電容量無接点方式です。

つまり、REALFORCEで無線タイプが出たら、最強のキーボードが誕生するということです。

 

東プレさん、マジで頼みます。

Bluetooth搭載モデルを出してください!

たとえ販売価格が5万円だったとしても、私は迷わず購入します!

キーボードに興味がない人からすると、キーボードに5万円も出すとか完全に頭おかしいと思われることでしょう。でも、REALFORCEファンの方であれば、私の気持ちをきっと理解してくれることと思います。

REALFORCEを試してみよう

私はREALFORCEが好きすぎるあまり、自費で会社用のREALFORCEを購入し、会社に持ち込んで使っていました。

REALFORCEのおかげで、作業効率がアップしたと思っています。

REALFORCEの優秀さは私が保証しますが、私に保証されても困りますよね。

安い買い物ではないので、実物を確認してから購入することをオススメします。

一度、家電量販店で試し打ちしてみてください。REALFORCEは、ビックカメラやヨドバシカメラに行けば、実物を確認できます。

残念ながらHHKBについては、置いている店舗はかなり少ないです。ただし、同じ静電容量無接点方式なので、打ち心地に大きな差はありません。

REALFORCEで試し打ちをすれば、雰囲気はつかめると思います。