初回無料相談実施中です!(ZOOM対応可)

副業でネットオークション。会社員でも利益が出たら確定申告が必要

副業でネットオークション。利益が出たら確定申告が必要

インターネットでお金を稼ぐのが一般的な時代になってきました。

副業や小遣い稼ぎのため、ネットオークションを利用している人は増えてきています。

ネットオークションで利益が出た場合、税金はどうなるのか気になる人も多いのではないでしょうか?

今回は、ネットオークションにおける確定申告のポイントについて確認していきます。

ネットオークションでも確定申告は必要?

会社員でも利益が出たら確定申告が必要です。

原則として、どのような手段であれ、所得が出たら確定申告が必要になります。

ネットオークションの場合、事業所得、雑所得、譲渡所得のいずれかに該当します。

どのような形でオークションを利用しているのかによって、所得区分は変わってきます。

原則は確定申告が必要になりますが、一定の要件を満たした場合は、確定申告をしなくても良い場合があります。

事業所得に該当する場合

本業として、営利目的で継続的にネットオークションをしている場合は、事業所得に該当します。

転売などで生計を立てている場合は、個人事業主の届け出を提出していない場合であっても、事業を行っているとみなされる場合があります。

事業所得が赤字の場合や、事業所得が基礎控除などの所得控除の範囲内に収まる場合は、確定申告をしなくても良いですが、事業所得に該当すると、通常は確定申告が必要になります。

雑所得に該当する場合

副業として、営利目的で継続的にネットオークションを行っている場合は、雑所得に該当します。

会社員が副業で行うネットオークションは、通常、雑所得になります。

副業のつもりでも、規模によっては事業所得に該当する場合もあるので注意が必要です。

雑所得20万円までは申告不要

雑所得は、以下のように計算します。

総収入金額 – 必要経費 = 雑所得

 

雑所得が年間20万円以下の場合、給与所得者で確定申告をしない人(年末調整をした人)であれば、確定申告は不要になります。

ただし、住民税については、金額に関わらず申告が必要になりますので、注意が必要です。

雑所得が20万円を超える場合は、年末調整をした会社員でも、確定申告が必要になります。

ネットオークションの必要経費

ネットオークションでかかった経費は、必要経費として、総収入金額から控除することができます。

例えば、以下のようなものがネットオークションの必要経費になります。

  • 仕入れ代金
  • インターネット料金などの通信費
  • 取引に係る手数料
  • 送料など

必要経費を計上すると、利益を圧縮できるため、所得税の負担を減らすことができます。

必要経費を計上するためには、領収書やレシートなどの証憑書類が必要になります。

確定申告書提出時は、領収書やレシートは添付しませんが、税務調査が入った際は、提出が求められます。

確定申告が終わったからといって証憑書類は廃棄せずに、保存しておくようにしましょう。

譲渡所得に該当する場合

ネットオークションを営利目的で継続的に行っているわけではなく、単発で行った場合は譲渡所得に該当します。

不要になったものをたまたま売却したというようなケースです。

生活用動産の譲渡は申告不要

ネットオークションで利益が出た場合でも、生活用動産の売買である場合には、所得税は課税されません。

生活用動産とは、家具、電化製品、通勤用の自動車、衣服など生活に通常必要なものが該当します。

家具や電化製品であっても、営利目的で継続的に売買している場合は、生活用動産にはなりませんので、確定申告の対象になります。

また、貴金属や宝石、書画、骨とう品などで、30万円以上の高級品を売買した場合は、所得税の課税対象となるため、確定申告が必要になります。

譲渡所得には特別控除50万円

譲渡所得は、以下のように計算します。

総収入金額 -(取得費+譲渡費用)- 50万円 = 譲渡所得

 

取得費…購入代金のことです。購入手数料などの費用も含まれます。

譲渡費用…売るためにかかった費用のことです。例えば、送料などが該当します。

50万円…譲渡所得には50万円の特別控除があります。

 

総収入金額 -(取得費+譲渡費用)が、年間50万円までであれば、特別控除があるため譲渡所得が0円になります。

そのため、利益が50万円までであれば、確定申告は不要になります。

単発で売買を行った場合で、利益が50万円を超える場合は、ほとんどありません。

ネットオークションの取引で、譲渡所得の申告が必要になるケースは、あまりないと思います。

まとめ

副業や小遣い稼ぎのためにネットオークションを始めた場合でも、利益が大きくなってくると確定申告が必要になります。

会社員だったとしても、確定申告をしなければいけません。

確定申告が必要になると、どれくらいの売上があったのか、経費はいくらだったのか正確に計算する必要がでてきます。

思っていたよりも利益が出てしまったと、あとから焦らなくて良いように、ネットオークションを行う際は、売買の記録をつけておくようにするのが安心です。