初回無料相談実施中です!(ZOOM対応可)

フリーランスが高級オフィスチェアを購入すべき理由

フリーランスが高級オフィスチェアを購入すべき理由

フリーランスとパソコンは切っても切れない関係です。

1日中パソコンに向かって仕事をしている人も多いことでしょう。

パソコンでの作業効率は、椅子の性能によって大きく変わります。

フリーランスこそ高級オフィスチェアに投資すべきです。

フリーランスは自分で道具を選べる

フリーランスは、仕事で使う道具を自分で選べるのが醍醐味です。

サラリーマンとは違い、好きな道具を選んでも誰からも文句を言われません。

今の時代フリーランスとして仕事をしていくとなると、パソコンから逃れることはできません。

1日の大部分をパソコンと向き合って過ごしているという人も、たくさんいることでしょう。

パソコンでの作業効率は、椅子の性能によって大きく変わります。

フリーランスで最も投資効率が高いのは、オフィスチェアです。

フリーランスは高級オフィスチェアを買わない手はないです。

オフィスチェアは投資効率が高い

PC周りは良い道具を揃えようとすると結構お金がかかります。

パソコン本体、キーボード、モニター、スピーカー、マウスなど拘りだすときりがありません。

いきなり全部揃えようとするとなかなか大変です。

いろいろアイテムがある中で、最初に購入するとしたら何になるのでしょうか?

私が考える最も投資効率が高いアイテムは「椅子」です。

椅子と言ってもいろいろな種類がありますが、今回お話ししたいのはオフィスチェアです。

オフィスチェアの中でも「高級オフィスチェア」と呼ばれるものです。

10万円以上するようなやつです。

 

なぜ高級オフィスチェアなのかというと、安物の椅子と比べると圧倒的に体への負担が軽減されるからです。

長時間のパソコン作業は体への負担が大きいです。目の疲れや肩こり、腰痛などいろんな症状が出てきます。

体調が悪くなると集中力が低下しますし、良いことはありません。仕事の効率にもろに影響が出ます。

 

体への負担を減らすために重要なのが姿勢です。正しい姿勢で作業していると体への負担を最小限におさえることができます。

高級オフィスチェアは何が良いのかというと、体への負担が軽減されるように考え抜かれてデザインされているところです。

人間工学に基づいたデザインで、体圧が分散されるようになっています。

自然と良い姿勢に誘導してくれます。

ちょっと使ったくらいではあまり影響がないかもしれませんが、1日8時間パソコンに向かっているとしたら、人生の三分の一は椅子の上で生活していることになります。

よくよく考えてみるととんでもないことですね。

体への負担が大きい椅子を選ぶことに恐怖を感じませんか?

 

ちなみに私は、アーロンチェアを愛用しています。

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード グラファイト Bサイズ ポスチャーフィットSL AER1B23DW ALP G1 G1 BB BK 23103

新品で買うと余裕で10万円以上する高級オフィスチェアです。

アーロンチェアを使い始めて5年以上になりますが、他の椅子に座って仕事をするなんて考えられないくらい生活の一部になっています。

アーロンチェアの座り心地は非常に良いので、長時間座っていても全く苦になりません。

他の体勢でいるよりも楽なので、ずっと椅子に座っていたいくらいです。

アーロンチェアはメッシュ状になっているので、長時間座っていても不快感がありません。

 

アーロンチェアに代えてから腰が痛くなったことはありません。

アーロンチェアは腰痛持ちの人から特に支持の高い椅子ですが、確かに腰への負担はかなり軽減されています。

アーロンチェアに座ると、自然と体への負担が少ない姿勢になっているのでしょうね。

腰痛で悩んでいるのであれば、ぜひ一度アーロンチェアを試してもらいたいです。

高い買い物になるので、できれば購入する前に実物に座ってみることをオススメします。

中古を買うという手もある

新品だと値段が高すぎて手が出ないという場合は、中古品を買うという手もあります。

「オフィス家具 中古」といったキーワードで検索するとたくさん出てきます。

定価の半額以下で買えるので非常にコスパが良いです。

私は、オフィスチェアは新品を購入しましたが、机は中古のオフィスデスクを購入しました。

定価だと10万円以上するオカムラのオフィスデスクを2万円でゲットしました。

多少の使用感はありますが、余裕で使えるレベルです。

中古品に抵抗がないのであれば、本当にお買い得です。

高級オフィスチェアを買ったときの経理処理

フリーランスが高級オフィスチェアを購入した場合は、もちろん経費にできます。

仕事で使うものですからね。

購入価格が10万円未満であれば「消耗品」として一括で費用計上できます。

10万円以上になると固定資産(備品)という扱いになるため、購入した年に全額経費にすることはできません。

耐用年数にわたって減価償却をしていくことになります。

ちなみに、金属性の椅子だと耐用年数は15年です。えらい長いですね。

でも実は「少額減価償却資産」と呼ばれる特例があり、一定の要件を満たすと30万円未満であれば購入した年に全額経費にできます。

詳しくは一括償却資産と少額減価償却資産はどちらが有利?の記事を参考にしてみてください。

 

経費にできるということは、3割引くらいで購入できる感覚です。

経費にできるのはフリーランスの特権なので、こういう大切な投資は惜しまない方が良いですよ。

20万円くらい安いもんよ

高級オフィスチェアは見た目もカッコいいです。所有欲が満たされます。

高級オフィスチェアに座ると、仕事へのモチベーションが上がります。

よし頑張ろう!という気持ちになります。

高いものだと20万円くらいしますが、コスパはめちゃくちゃ良いと思います。

初期投資はかかりますが、すぐに回収できる感覚です。

一度買ってしまえば余裕で10年以上使えます。そんな簡単に壊れるものではありません。

パソコンなんて最新モデルを買ったとしても5年も経てば時代遅れです。

パソコンを買うよりもはるかにコスパが良いと思いますよ。

フリーランスこそ高級オフィスチェアを購入すべきです。

いろんな種類が出ているので、試しにネットで検索してみてください。

お気に入りのオフィスチェアが見つかるかもしれませんよ。