初回無料相談実施中です!(ZOOM対応可)

領収書は不要。レシートがあれば経費にできるって知っていますか?

領収書は不要。レシートがあれば経費にできるって知っていますか?

領収書がないと経費にできないと思っていませんか?

実は、領収書がなくてもレシートがあれば経費にできます。

むしろ実務上は、領収書よりもレシートの方が好まれます。レシートは情報量が多く、証明力が高いからです。

わざわざレジで領収書を書いてもらうのは止めましょう。

領収書とレシートの税務上の取扱い

税務上では、領収書とレシートに大きな違いはありません。領収書とレシートは、どちらも支払いの事実を証明する書類になります。

税務上、経費にするためには、発行元や日付、金額、購入した内容などの記載がある書類を保存しておく必要があります。

領収書でもレシートでも、これらの要件を満たしていれば、問題なく経費にすることができます。

そもそもどうして領収書やレシートを残しておくことが必要なのでしょうか?

答えは、第三者に支出の内容を証明するためです。

特に重要なのは、対税務署ですね。領収書やレシートが必要なのは、税務署に対して客観的な証拠を残すためというのが一番の理由です。

10万円出してパソコンを買ったのが事実であったとしても、領収書やレシートがなければ本当に買ったのか第三者にはわかりません。

税務調査で経費に認められなかったとしても文句は言えないのです。

領収書よりレシートの方が証明力は高い

領収書でもレシートでも経費にすることはできますが、レシートの方が証明力に優れている場合が多いです。

レシートには、発行元・日付・金額・取引内容などが記載されています。特に取引内容は詳細に記載されています。

取引内容が詳細であれば何を購入したのか明確にわかるため、証明力は高くなります。

領収書だと、具体的な取引内容が記載されていない場合が多いです。領収書の但し書きに「品代」としか書かれていないこともありますよね。取引内容が不明瞭であれば証明力は低くなってしまいます。

また、レシートは、改ざんのリスクという観点からも優れています。

手書きの領収書に比べてレシートの方が、改ざんされる可能性が低いです。

レシートは、レジなどにより印字されるため、取引内容や金額を修正するのが難しくなります。

一方、手書きの領収書は、相手先名や日付、金額の改ざんがレシートに比べて容易になります。

わざわざ領収書はもらわなくていい

買い物の際にレジに並んでいると「領収書を発行して下さい」とわざわざ手書きの領収書を発行してもらっている人に遭遇することがあります。そのせいでレジが渋滞してしまうことも。

はっきり言って時間の無駄なので、これからは領収書を書いてもらうのは止めましょう。

わざわざ時間をかけて証明力の低い領収書をもらっても意味がありません。

むしろ手書きの領収書だと、経費として認められなくなってしまうかもしれません。

レシートではなく、わざわざ領収書をもらっているのは、支出内容を隠しておきたいからと思われてしまう可能性があります。

レシートでは都合が悪いからわざわざ領収書をもらっているのではと勘ぐられても文句は言えません。

やましいことは何もないのに、個人的な支出を事業用の経費にしているなんて思われたら嫌ですよね。

レシートは経費に認められないはウソ

「手書きの領収書じゃないと経費に認められないのでは?」とおっしゃる方がたまにいます。

レシートが経費に認められないというのは、完全なる都市伝説です。

そもそも、経費にできるのかどうかというのは、領収書やレシートといった書類の形式の話ではありません。

経費に認められるかどうかは、あくまで支出の内容によります。書類の形式なんて関係ないのです。

手書きの領収書でないと経費に認められないというのは、デマもいいところです。

 

支出の内容が重要になってくるのであれば、書類上で何を買ったのかきちんとわかった方がいいですよね。

そのため、取引内容が詳細に記載されているレシートの方が、取引内容がわからない領収書よりもいいのです。

領収書やレシートがなくても経費にできる場合

なかには領収書やレシートがなくても経費にできる場合があります。

例えば、電車やバスなどの交通費や香典などです。

領収書をもらうのが一般的でない支出の場合、記録をしっかり残しておけば経費にできるようになっています。

Suicaなどの電子マネーを使って交通費を支払っているのであれば、利用履歴を残しておくと良いでしょう。

ポイントは、税務調査があった際にきちんと説明できるように証拠を残しておくことです。

領収書は必要なくても、領収書の代わりになるものは必要になります。

これからはレシートをもらったら帰ろう

実務上、レシートが経費として認められないケースは、まったくと言っていいほどありません。

領収書が残っているのは、昔からの慣習という面が強いです。

今からはるか昔、レジの性能が良くなかった時代では、レシートには店名や取引内容の記載がなく、レシートだけでは領収書としての役割を果たせていませんでした。そのため、レシートとは別に領収書をもらう必要があったのです。

しかし現在では、レジの技術はかなり発達しています。レシートに書かれている情報量の方が、手書きの領収書よりもはるかに多いのは間違いありません。領収書をもらって情報を補足しなくても良いのですね。

領収書を書いてもらっていたのを、レシートをもらって終わりにするだけで、時間的にも精神的にもかなり楽になります。こらからは、レシートをもらったらすぐに帰りましょう。

まとめ

  • レシートがあれば領収書は不要。
  • 領収書をもらいにくい取引であっても、きちんと証拠を残しておけば経費にできる。